福祉用具専門相談員になるなら取得するべき資格とは?

福祉用具を取り扱う仕事に就きたいと考えている方も多いかもしれませんが、どんな資格を持っていると有利になるのでしょうか?

福祉用具専門相談員の資格は国家資格ではありませんが、福祉用具を取り扱っている事業所へ2名以上の配置義務があるため、資格を持っていると就職で有利になる可能性があるのです。

福祉用具に関する知識を深められたり、お客様に対して専門的なアドバイスできるようになるでしょう。

住環境コーディネーターの資格は介護住宅改修についての知識を深められるため、福祉用具を取り扱う仕事に就くのであれば、持っていて損はない資格だと言えるでしょう。

福祉の資格だけでなく普通自動車免許を持っていると、福祉用具をお客様の自宅へ搬入する際に役立てられるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る