介護職員初任者研修で落ちる事があるのか?

介護職員初任者研修は廃止されたホームヘルパーの資格の代わりとして作られましたが、ヘルパーの資格とは違い資格を取得するためには試験に合格する必要があるのです。

介護職員初任者研修は介護の資格の中でも基礎的な知識を学ぶ事ができ、実技の試験がなくて100点中70点以上が合格ラインですから、カリキュラムの内容を真面目に聞いていれば合格できるため、落ちる人は少ないでしょう。

試験に落ちたとしても何度でも再試験を受ける事ができますので、カリキュラムの内容を復習したり、カリキュラムの介護に関する知識をきちんと理解して試験に臨みましょう。

再試験を受けなければ修了証を貰う事はできませんので、何度落ちてもめげずに試験を受ける事が大切ですよ。

関連記事

ページ上部へ戻る