ケアマネージャーに必要な傾聴力とは

介護の仕事は「対人」ですから人と話す機会も多いので、高齢者やその家族と話す機会の多いケアマネージャーは、その信頼関係を崩さないためにも傾聴のスキルが重要なのです。

人の話を聞くことで、その人の言葉遣いや特徴を感じ取れるものですが、若手などのケアマネージャーで、せかせかと落ち着きがなくて相手の話にあまり耳を傾けず、話していても話題を横取りするような人も多いのだそうです。

相手の話を聞かなかったり、利用者の言いかけた言葉を端折って決めつけるというケースもあるようですが、利用者も一人の人間ですから気持ちよく過ごせるように心遣いが大切なのです。

話を聴くのが苦手という場合には、ワンテンポずらして相手の話をじっくり聴くことを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事