介護の仕事は利用者の自立に寄り添うことが大切!

介護の仕事は、人々が安心して暮らすためにサポートする仕事であり人生に寄り添うのです。

介護福祉士は介護施設や障害者施設にて、障害や高齢により体が不自由になってしまった人の介護を行ったり、そのご家族へ介護指導を行うことが主な仕事内容です。

基本的には交代制であり、利用者への介護は30分〜1時間単位でスケジュールが組まれていますが、利用者の状態によってケアの方法が異なり、食事も利用者の疾患によって一人ひとり異なります。

ご家族よりも利用者と関わる機会が多いので、信頼関係を築いてニーズを満たすことが大切ですよ。

他職種が連携して、肉体的精神的に介助を行うことで、身体機能の改善を目指したり、自立を促すことが目標なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事