福祉・介護業界資格

介護のお仕事は無資格でも働くことができますが、もちろん資格を持っていた方が実際に働く時にも知識が役に立ちますし、お給料的にも手当が付きますから多く貰えることになりますので、取得しておいて損はありません。
そこで今回は福祉や介護業界で活躍できる資格についてご紹介致します。

特に介護業界で働く時に多くの方が気になるのが、業界で唯一の国家資格である介護福祉士でしょう。
より専門的な知識で利用者の日常生活をサポートし、健康的な生活に導きます。

次に社会福祉士は社会福祉専門職の中の国家資格で、高齢者や障害者の方がスムーズな生活を行なう為に、助言や指導を行なうことが主な仕事です。

また、介護支援専門員はより幅広い知識が必要な公的資格で、利用者ごとに適したサービスや介護プランを立てて、多くの手続きを行ないます。

それぞれ平成27年度の合格率は、介護福祉士が57.9%、社会福祉士が26.2%、介護支援専門員は16.8%となっていますので、もし興味が湧いたらチャレンジの参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事