ケアマネの合格率はなぜ低いのか?

ケアマネージャーの資格は合格率が低く、取得は難しいと言われていますが、何故なのでしょうか?

実務要件などの試験要件が厳しくなった事により、受験者自体も減っている事が関係しており、前年度は受験者が約5万人に対して、合格者数は5千人だったので、合格率が10%だったのだそうです。

ケアマネージャーの資格が始まった初期は、ケアマネージャーを量産する必要があったため合格率も高くて増産されていたという事ですが、これはケアマネージャーの質を高める目的があると言われているのです。

ケアマネージャーの数よりも質を重視して、研修時間も増えて87時間になり、実習や資格の更新研修を受ける必要があるという事ですし、事務仕事が増える事になったのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事