介護支援専門員の試験の難易度はどのくらい?

介護支援専門員の試験の難易度は年度ごとに違いますが、どんどん難易度が高くなっているという事を知っていますか?

これにより合格率が低下していて、現在では合格率は10%台になっていて狭き門になっているのです。

昔は、介護や医療の資格を持っていれば、回答の一部が免除されていましたが、これが廃止されたので、問題数が多く試験勉強の範囲も広いという事です。

この資格を取得するためには研修を受けなければなりませんが、この実務研修受講時間と受講料が2倍くらいにアップしたのだそうです。

今までなら、試験に合格しても基本的に座学でしたが、平成28年度から現場実習が必須になったのですが、これらは介護支援専門員の質を向上させる目的で追加されたという事ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事