介護職員初任者研修の資格を手に入れよう

介護の資格には幾つか種類がありますが、今回は介護職員初任者研修の資格についてご紹介いたしますので、ぜひ参考にしましょう。

介護職員初任者研修は研修を受けることで得られる資格であり、もともとはホームヘルパー2級と呼ばれていた資格です。

介護保険法によって都道府県に委託され、細かく指定基準が定められており、130時間以上の研修が必要になりますが、受講内容は学校によって大きな違いはありません。

高齢化に伴い、介護業界は人手不足になっていますが、離職率も高いため安易な考えで就労するのには向いていない職業です。

介護の資格を身につけることで、介護についての価値観を得ることができますし、実践でも役立てられる知識と技術を身につけることができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事