ケアマネの役割と流れ

高齢になって介護が必要な状態になっても、自宅での生活を望む高齢者は多いですから、高齢者それぞれの希望に合うよう介護計画を立てて、生活をサポートすることがケアマネージャーの業務なのです。

まずはじめに、ケアプランの作成を行いますが、高齢者の身体状況やご家族の事情を考慮して、どの介護サービスをどの程度利用するのか決めていき、計画を立てていくのです。

サービス担当者会議では、地域の専門家がチームになって高齢者を支えることを基本としており、ケアマネージャーはチームケアの要の存在なのです。

高齢者に合うサービスが適切に提供されるように、事業所間の調整を行う必要がありますよ。

地域で連携することで介護がスムーズにできますから、勉強会に参加して情報交換を行うことも大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事