介護計画は誰が作るの?

介護のサービスを利用する上で、利用者様にスムーズにサービスをご利用していただくために、資格を持つ職員がケアプランと呼ばれる計画を作る必要がありますが、計画は全て介護支援専門員が作っているのでしょうか。

居宅介護を利用するためには居宅サービス計画を立てる必要があり、この計画の中に訪問介護や訪問看護など様々なサービスが含まれていて、利用するためのそれぞれの計画を作る必要があるのです。

居宅サービス計画というケアプランは、介護支援専門員が作成しますが、その中の訪問介護計画や訪問看護計画介護支援専門員が作るわけではありませんので、それぞれのサービスを提供している専門職の人が計画を作成しているのです。

例外もあり、小規模多機能型居宅介護のケアプランはケアマネが作るのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事