介護支援専門員が心がけるべきこと

介護の職業にはいくつかの種類がありますが、今回は介護支援専門員(通称ケアマネージャー)についてご紹介いたします。

ケアマネージャーは、他の介護職と同様に利用者様の人権や権利を尊重したり、主体性を尊重して意見を介護支援のケアプランに反映させるという役割があるのです。

認知症などにより利用者様の意見を聞くことができない場合には、成年後見人制度や日常生活支援事業などの制度の利用を促す必要がありますよ。

施設事業者と利用者様の間に立ち、繋ぎ役として支援する事になりますので、公平で中立な立場にいるということを理解した上で接する事が大切なのです。

介護サービスを行うにあたって利用者様の生活に立ち入ることも多いですから、守秘義務を守らなければりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事