ケアマネージャーの役割を知ろう

介護支援専門員の資格取得を目指しているなら、しっかりと受験対策や勉強をしておく必要がありますが、今回は介護支援専門員の機能や役割についてご紹介いたしますので、ぜひ覚えておきましょう。

ケアマネージャーとは、利用者や事業者との間で取り持ったり調整を行う役割があり、介護サービスを利用する利用者こそが主役ですから、利用者本位で考えたり、利用者の代弁をして対応することが大切なのです。

一人の利用者を支えているのは一つの事業者だけでなく、介護に関連する様々な職種のスタッフがチームを組んで対応していますので、ケアマネージャーはそれらを纏めて目標を達成するためのサポートを行う役割があります。

チームでの介護には情報の共有が必要ですが、利用者の秘密を保持することが大切ですから全てにおいて配慮を行わなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事