ケアマネージャーの試験に受かるために

介護支援専門員になるためには、資格を取得しなければなりませんが、合格するためのポイントがありますのでご紹介いたします。

昔は、特定の国家資格を持っていることで回答免除されたり、合格も比較的簡単だったと言われていましたが、現在のケアマネの試験は、年々難易度が上がっていると言われていて合格率も低下しているのです。

他の介護の資格でも実務研修の受講が求められていますが、その実務研修の時間が大幅にアップしていたり、受講料もアップしているという特徴があります。

3日間の現場実習により見学することが必須になったため、科目の勉強だけでなく実際の現場の空気を感じることも大切なのです。

試験で勉強したことは実務に全て影響しており、無駄になることもありませんので、試験対策を行って試験に挑みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事