ケアマネージャーに求められる能力とは

介護支援専門員になるためには、資格を取得する必要がありますが、それ以外にも求められるスキルがありますので、ケアマネージャーを目指している方はぜひ参考にしましょう。

まず大切なのはコミュニケーション能力であり、訪問で多くのご利用者や家族と関わり、様々な情報を入手したり、お話しすることがありますので、トークスキルではなく「聴く力」を向上させて、うなづいたり相槌を打ったり共感して信頼関係を作り、本音を引き出す必要があります。

ケアマネージャーは書類を作成したり、ケアプランを作成することが多いので事務処理能力が求められますが、経験を積むことで能力を向上させることができます。

ご利用者や家族の要望や困りごとから、必要なサービスを提案する提案力が求められますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事