介護福祉士の仕事

介護福祉士は、自力での日常生活が困難な高齢者や精神・身体に障害を持っている方に対して、食事や入浴などの介護を行なう仕事です。
また、被介護者の介護だけでなく、そのご家族や親族に対しての介護のアドバイスや相談などにも対応します。
さらに細かい部分を追究すると、事務的な仕事では利用者の状況を記録していったり、サービスの利用を希望する方の面接などを行なったりと多岐に渡る仕事を行ないます。

同じような資格に公的認定資格の「ホームヘルパー」がありますが、介護福祉士は国家資格である点が大きな違いと言えるでしょう。
どちらも業務内容自体に大きな差があることはないものの、国家資格である分、介護福祉士の方が少しお給料面で有利になります。
また介護福祉士は、一定の要件を満たした場合に限り、喀痰吸引などの診察補助を行なうことも可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事